2月20日の取引結果

こんにちは、ヤマブキです。

ドル円が底から反発していますね。
先週金曜日の日足が下ひげの長い陽線だったので反発の兆しかと思っていましたが、正にその通りになっています。

ローソク足の中でも「ピンバー」と呼ばれるタイプは、トレンドが進んだときに出現すると、相場の反転の予兆として結構信頼できると私は思っています。特に4時間足や日足くらい大きくなると、確度もかなり上がります

ドル円週足を見ると、やはり2016年の大統領選挙直後のレートで反発しました。

今のところ強い反発をみせていますが、週足・月足で見ていくと、年内に更に下げて行く可能性もあるかなと個人的には思っています。

 

2月20日の取引結果

ポン円
2.5pips、3.4pips、-4.7pips、24.2pips、13.3pips、7.7pips、11.2pips

ユーロ円
-3.1pips

ポン円のチャートを掲載します。

勝手に回答コーナー

専業デイトレーダーの方に質問します。

毎日のデイトレードにおいて通貨ペアはどういった通貨ペアを選択してますか?

やっぱり市場の予想し易いドル円が主ですかね?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11167652966?__ysp=5bCC5qWt44OI44Os44O844OA44O8

日本人にとって一番なじみあるドル円は、日本のFX取引量の中でも8割程度を占めるそうです。

つまり、ほとんどのトレーダーがドル円でトレードしていて、私のようにポン円、ユロ円、ポンドルあたりでトレードする人間は少ない方だ、と考えていいのでしょう。

そんな人気の高いドル円は予想しやすいのでしょうか?
私はドル円は動きが読みにくく、ボラも小さいためトレード通貨ペアからは外しています。

このあたりは個人の好みもあると思いますが、「ドル円が読みやすい」という人は決して多くは無いと思います。

さて、私はメインがポン円、サブとして多く場合がユロ円、ユロ円が良くないときはポンドルでトレードする事が多いです。

理由は、慣れているから。
特にポン円は本当に長い付き合いで、現在の手法を組み立てるときも、練習するときも、そして実戦するときもずっとメインはポン円でした。

だからポン円は読みやすい、と言うつもりはありませんが、私としてはやりやすいのです。

この辺も好き好きでしょう。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。