意識と考え方の訓練

勝っているトレーダーは、自分の思う通りにに動く相場を知っていて、
そこでトレードしていく・・・と思っている人がいるようです。

相場が自分の思うとおりに動く・・・。
そんな相場を知っていたら、さぞや幸せなことだと思います。

しかし私は少なくとも自分の意図するような動きをする相場は知りません。
たまに思ったように動くこともありますが、それは決して多くはないですし、
むしろ思い通りにならないことの方が多いと感じています。

実際トレーダーの多くが、「思い通りに行かない相場」にイライラして、
トレードルールを破り、後悔していくのです。

 

もう一度書きますが、相場は思い通りの動きはしません。
そう思ってトレードすべきですし、何らかの期待をしても、
裏切られのがオチです。

ある手法についてどんなに検証をして自信がついたとしても、
次にやってくるエントリーポイントが検証通りの動きをする保証はないのです。

なぜなら市場は常に唯一の動きをするからです。
相場が動く原動力となる市場参加者は常に変わっていきます。
同じ参加者が多かったとしても、考えて方や資金量は変わっていることでしょう。

そんな相場が相手ですから、トレード手法も、

「過去の動きから統計的な傾向を利用したものに過ぎず、
 次の瞬間の動きを的確に予測するモノではない」

と考えた方が健全です。

このことを本当に理解しているか理解していないかで、
トレード中のストレスに大きな違いが出てきます。

相場は思い通りには動かない、ということが分かっていれば余計なストレスを
感じなくていいのですが、逆に毎回のトレードで動きに過度な期待を寄せる人は
裏切られることが多いと感じられて辛いのではないでしょうか?

中には
「そんなことわかってるけど、それが出来ない。期待してしまう」
という人もいるはずです。
ここが中級者の躓くポイントなのかもしれません。

 

では私はというと、毎回のトレードで全く期待しないと言ったら嘘になります。
偉そうにブログを書いていても、トレードのストレスはあります。

特に負けが続いた時はどうしても「次は勝ちたい」と思います。
負けていい気分はしません。

こんな風に色々とトレード中に考えることはあるのですが、
それでもルールは守って取引できているので専業としてやれています。

 

色々と思いがある中でも、ルールを守れるようになったのは
ある意識と考え方の変化と訓練でした。

相場は思った通りには動かない、これが分かっていてもストレスを感じる。
このストレスを軽減させるためには、「思った通りに動かない」という考えを
自分自身のアタマの中に信念として植えつけてやる必要があると考えました。

そこで私は、相場とチャートにのめりこみすぎないように自分自身を
客観的に監視することにしました。

トレードをしている自分を、もう一人の自分が横から監督している様な
イメージでしょうか。

もし自分が熱くなってきたら、もう一人の自分が冷静になるように促す、
「思った通りに動くわけないだろ!」と考えを改めさせる。

自分自身を客観的に見てコーチングすることで、
知らず知らずのうちにブレていく自分を矯正し、
理想とする状態にもっていこうという試みです。

このやり方は私には大きな効果がありました。
すぐに効果が出たわけではありませんが、続けていくと段々とトレード中に
冷静さが保てるようになり、自分を止められる自信もついてきました。

自分のメンタルを客観的に見られるようになると、
「これ以上イライラするとヤバイな」と思ってブレーキをかけられます。

暴走する前に相場から引くことが出来れば、無駄な負けは避けられます。
どんなに優位性のある手法でトレードしていても、
無駄な負けが多ければ、勝つことは出来ません。

思い通りに行かないのは当然です。
その中で、自分の行動を一貫出来るような考え方を身に着けられたら
トレーダーとしてかなり前に進むことになるでしょう。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。