損切りの心構え

(この記事はリライトです)

損切りというのは、ネガティブなイメージを持たれがちです。
当然ですね、負けを認めて損を確定させるわけですから。

自分の含み損の出ているポイジションを決済し、
正に「損切り」をすることで、これまでの期待とか希望の混じったポジションが、
一気に確定損になります。
この時に「負けた!」「お金を失った!」と実感するわけですが、
必要以上に損切りについて悲観視してはいけません。

損切りについて少し視点を変えてみると、

「損切りによって損失が確定し、今後の値動きによるリスクが
一切なくなる」

とも考えることが出来ます。
損切り直後は何ともいえない「スーッと」した気持ちがしませんか?
「このポジションから離れられた」という感覚でしょうか。
結構頑張って含み損のあるクソポジをホールドした時によくあります。

この時は正にリスクが無くなったことに対して気が楽になっているのです。

 

ポジションをニュートラルにしたらまずは深呼吸。
勝っても負けても深呼吸。頭を切り替えましょう。

本当に長い目で見ると、トレードを続けていく限り、
損切りと付き合い続けなくてはいけません。
これはは避けられない事実であり、運命なのです。

ですから、損切りになったら悲観視したり、
必要以上にイライラする必要もありません。

トレード手法に優位性があれば、しっかりとしたトレードを続けていけば、
勝ち負けを繰り返しながら、資金は増えていくはずですし、
それがこそがトレードの正しい「利益の出しかた」なのです。

これから幾度となくトレードするなら、
損切りはできないと話になりません。

損切りは次のトレードにつなげるためのプロセスであり、
大きな損失を防ぐための大切な守りです。

トレーダーしてやっていくなら損切りについてネガティブなイメージではなく
ポジティブな考えで行かなくては行けませんね。
上手な守りがあるからこそ、勝ちがより一層生きてくるのです。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。