7月18日の取引結果&ビットコインの話

こんばんは、ヤマブキです。
ポン円は今週に入ってから下落しています。

日足では明らかに意識されやすい価格帯に入ってきており、
それに合わせるかのように本日のイギリス消費者物価指数の
弱さもあって大きく下落しています。

一個人としてはこれだけ動いてくれると、
トレードがやりやすいと感じますね。

トレード結果

ポン円
17.7pips、16.2pips、-7.0pips、15.5pips、3.9pips

ユロ円
-8.7pips、9.2pips、2.4pips

ポン円のチャートを掲載します。

ビットコインのお話

ビットコインがなかなか難しいことになっているようです。

私も最近勉強を始めたばかりで良くわからないのですが、
どうやらビットコインの利用者が増えてきたために、
送金のスピード等が遅れており、
システムの改変が必要とされているそうです。

それについてのアップデート方法は色々とあるらしく、
ビットコイン関係者がどれを採用するかで意見が割れているとのこと。

これだけビットコインも有名になって価値も上がると、
様々な利権が絡んでくるでしょうから、当然と言えば当然です。

そしてどれを採用するかが決まるのが8月1日。
それまでに上手く全体の合意が得られなければ、
ビットコインの分裂の可能性も有り得る…という話です。

FXで言えば、各国の金融政策や経済状況等がファンダメンタルズとして
認識されていますが、中央銀行の存在しないビットコインは、
ビットコイン自体の運営方針がファンダメンタルズになるのでしょう。

ビットコインは民主的な仮想通貨であるという特徴が、
現在はリスクとなっている形ですね。

ヤフーニュースによると、8月1日から取引を停止する
取引所もあるそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000581-san-bus_all

未成熟な市場というのは、その分大きく稼げる可能性はあります。
しかし、予測が難しいリスクもありますね。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA