トレーダーの心得2 利益を得るトレーダーになるまでの5ステップ

ヤフー知恵袋内の「知恵ノート」中の「トレーダーの心得」について
私の意見を書いていくシリーズです。

第2回目は利益を得るトレーダーになるまでの5ステップです。

利益を得るトレーダーになるまでの5ステップ

【利益を得るトレーダーになるまでの5ステップ】

①潜在的無能力(1~2週間)
②意識的無能力(1~3年程度)

とにかく続けた人が次のステップに進む

③しめた瞬間
本当の意味で市場を予測することなんて不可能だと受け入れる。

④意識的能力(6か月)
負けも簡単に受け入れるようになる。負けた時には素早くロスカットする。
自分の戦略に従い、取引するようになっている。

⑤無意識的能力
車を運転するように、無意識的に取引するようになる。
自分の感情コントロールをマスターし、口座のお金は増え続ける。

・たった5%の人が成功しているということを忘れないでください。
・能力の問題ではなく、「継続する力」と「認識力」、
「新たな情報を得た時、手法を変える能力」が成功に導く。

元ネタは外国のトレーダーの方が書いたPDFのようです。

今思えば、私もこの5つのステップを踏んできたように思えます。
以下に各ステップについて私の思うことをまとめていきます。

①潜在的無能力

潜在的無能力とは、何をやることが正しいのかすら知らない状態ですね。
「これから沢山稼ぐぞ!」
とFXに対しての夢や希望は膨らんでいるところで、
思うように利益が得られず、理想と現実の違いを知るところでしょう。

ここでは1~2週間となっていますが、
人によってはもっと長いと思います。

②意識的無能力

トレードで勝つためにはやるべきことは分かった。
だけど、「やるべきこと」が出来ない。

そんな状況ではないでしょうか。

やるべきことが出来ないことに悩み、苦しみ、ストレスを溜める、
言わば下積みの時期です。

ここでは1~3年と書かれてはいますが、
このステップでトレーダーを辞める人が大多数。
トレードを続けられたとしても5年以上このステップにとどまる人もいます。

私もなんだかんだで5年くらいはここに居た気がします。

③しめた瞬間

トレードで様々な経験をしていくについて、考えが変わります。
他人が言うこと、本で書かれていることについて
今まで知っていたことであっても「うん、その通りだ」と
心から納得できる時がやってきます。

「市場を予測することなんて不可能」
という言葉を知っていたとしても、
本当に理解するには経験が必要なのです。

④意識的能力

相場を予測することは出来ないと理解できれば、
自分のポジションが外れることも受け入れられるはず。

これが受けいられないということは、
逆に言えば「市場を予測することは不可能」の表面しか分かっていないことになります。

このステップに来れば、トレードルールに従うことの重要性について
痛いほどわかっているはずです。

このステップまでくれば、あとは続けるだけです。

⑤無意識的能力

特に意識せずとも自分のトレード手法を守って取引できる状態です。
トレードルールを破ろうとしたり、
自分の手法ではないトレードをしようとすると、
違和感、嫌悪感、不快感すら感じるはずです。

このステップに来てようやく勝てるトレーダーになります。

④の意識的能力を継続していけば、必ず無意識的能力にたどり着きます。

5つのステップとは言っても長い

トレードを始めたばかりの人が5つのステップを見たら、
「こんなに時間がかかるのか?」
と驚かれることでしょう。

人にもよりますが、勝ち組になるには時間が必要です。
長期的な目標を持ってトレードに取り組むべきだと思います。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。