5月31日の取引結果&バルサラの破産の確率

こんばんは、ヤマブキです。

雇用統計を前日に控えているためか、今日は少々動きが鈍いですね。
ユロ円もポン円も一応上げはしましたが、ボラは低めです。

しかし、ニューヨーク時間に入ってからは再び下落しています。

5月31日の取引結果

ポン円
-8.3pips、15.0pips、17.2pips、-7.8pips

ユーロ円
8.3pips、8.9pips、5.3pips

ポン円のチャートを掲載します。

 

勝手に回答コーナー

fxのバルサラ破産率ってなんで利益と損失50%で勝率50%、R倍数1なのになんで破産率100%って書いてるんですか?

R倍数と勝率50%、収益、損失も50と50なら破産しないですよね?とんとんだから

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159790414?__ysp=Rlgg56C055Sj

バルサラの破産の確率は勝率、損益率、資金管理によって結果が違ってきます。
しかし、勝率5割の損益率1の場合はどの資金管理であっても破産する確率が100%となります。

例えば、100万円の資金があって、1回のトレードで資金の5%で取引した場合を考えてみましょう。

もし勝ち⇒負け⇒勝ち⇒負けとなった場合、資金の推移は以下の通りになります。

100万円(最初)⇒105万円⇒99万7500円⇒104万7300円⇒99万5000円

このように勝ち負けを繰りかえしてもジリジリと負けていくわけです。
ですから、最終的には破産する結果になるのです。

バルサラの破産確率はよく表にして解説してあります。
しかし、あの表は一体どれくらいの資金管理でやっているのかが不明なものばかりです。

そのため、破産確率は勝率と損益率だけで分かると勘違いしている方も多いようです。

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA