5月22日の取引結果&FX業者はパチンコ業者と一緒?

こんにちは、ヤマブキです。

ドル円の上昇が先週から続いていましたが、どうやら一段落してきているようです。

しかし、全面的なドル安になっているわけではなく、ユーロやポンドは相変わらずドルに対して弱く、今日は昼の12時前の時点でドル円やユーロ円が大きく下落しています。

これらのクロス円もようやく動きが出てきた鴨知れないですね。

5月22日の取引結果

ポン円
6.5pips、8.0pips、14.5pips

ユーロ円
-2.5pips、3.8pips

ポン円のチャートを掲載します。

勝手に回答コーナー

FXはパチンコ業者といっしょなんでしょうか?言いたいのは、調べていくとスキャると凍結されるらしいのですが
マイナスだと多分凍結されないでしょう。

調べると個人の負けは会社のもののようです。
(会社によっても違うようですが、それでも凍結されている)

ってことは「儲けている」から凍結するということですよね?補足DMMでの話です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10190539005?__ysp=Zng%3D

DMMやGMOではスキャルピングで口座凍結の話はよく聞きます。
私は上記2つの業者でトレードはしていませんが、今までに口座凍結をされたことは一度もありません。

私が思うに、口座凍結される人は「スキャルピング」の中でも本当に短期間(数秒~2、3分)くらいで決着のつくトレードを1日に何十回と繰りかえしている人ではないかと思います。

このような超短期トレードをされると、FX業者側のカバー取引やマリー等を混乱させる事になるため、凍結しているのではないかと推測します。

そのため、必ずしも「儲けているから凍結される」わけではなく、負けていたとしても業者にとって迷惑な行為であれば凍結されるのではないでしょうか。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。