最高のチャンスをモノにするために損切ろう!

Cloud Computing and Nature Concept

(この記事は旧ブログからのリライト記事です。)

損切りはトレードを始めたばかりの方にとっては、
最初の大きな大きな難関ではないかと思います。

しかし、この難関を乗り切らなければ、
お金を守ることが出来ませんし、
次にやってくるかもしれない最大のチャンスを
逃してしまうことになりかねません。

特に私のやっているスキャルピングでは、
出来るだけ早くダメなポジションを見切って次のチャンスに乗るかが
重要なポイントになってくるので、
損切りは早いに越したことがありません。

ポジションに対する愛着とか期待を捨てきれずに
「もうちょっと価格が戻ってくるまで待ってみようかな」
といった甘い考えでは勝ち抜くことは出来ません。

 

何かに希望を持つことは素晴らしいことです。
しかし、自分のポジションについては話は別。
悲観的になるべきです。

現実問題として価格が戻ってこない可能性もあるわけですから。

 

損切りをすると、口座資金が減りますのでネガティブに捉えがちです。
イライラしますし、感情的になります。

ですから損切りについては逆に考え方を変えましょう。
仕切り直しと。

 

良くないところでポジって思うように相場が動かないのであれば、
仕切り直すことが重要で、仕切り直すにはコストがかかるのです。

もし、クソポジを持ち続けていたらエントリーすることができない
であろう最高のチャンスを手にするために損切るのです。

手法によりますが、私の手法の場合は、
良いトレードかどうかはポジションを持ってからすぐにわかります。

その理由は、良いトレードはポジションを持ってからすぐに
含み益が出始め、そのまま利益が伸び続けるからです。

この傾向がわかれば、エントリー直後からなかなか含み益にならず、
逆に長く含み損が続くようであれば、早めに切る方が良いというのは明白です。

「損切り出来ない」は考え方次第で克服できるものです。
今後も私の考える損切りについて書いていきたいと思います。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。

2 件のコメント

  • ヤマブキ様、
    何時もお世話になっております。
    同じ内容を読んだとしても、自分の能力レベルによって理解とその捉え方が全く異なりますし、御ブログで読み漏らしていることもあるかもしれません。私の様にトレード経験の浅い者にとって、「リライト記事」は非常に有益です。
    ありがとうございます。

    • みずほ様

      私も過去の記事をあらためてリライトして
      色々と感じるものがあります。

      今後もリライトを継続していきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA