3月6日の取引結果&FXで可能なアービトラージは?

こんにちは、ヤマブキです。

市場が大きく上下しています。
昨日から今日にかけては相場を動かすニュースが多く出ているため、株価も為替も反応しやすいようです。

今日、どこかのネット記事で「2018年は動く」と書かれていました。
中間選挙の年でもありますから、確かにその通りになるかも知れないですね。

3月6日の取引結果

ポン円

6.7pips、15.2pips

ユーロ円

8.0pips、13.0pips

ポン円のチャートを掲載します。

勝手に回答コーナー

FXでアービトラージ戦略は取れますか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14156439319?__ysp=Rlgg44Ki44O844OT44OI44Op44O844K4

FXのアービトラージと言えば、業者間のスワップの違いを利用するスワップアービトラージや業者間のレート差を利用するアービトラージがあります。

前者は基本的には両建て戦略で、業者による売りスワップと買いスワップの違いを利用して利益を出します。
現在は大きな利益にはなりませんが、資金管理さえしっかりとすれば着実に利益が出せる点で人気があります。

かつては海外業者の中には売りも買いもスワップが一切付かない業者があってよく利用されていましたね。

後者は何らかのショックや指標によって市場が大きく動いている時に生じる、業者間のレート差を利用するものです。
普段はほとんど価格レートが一緒でも、例えばスイスフランショックのような大きな動きがあると、業者間によってレートが大きく違ってくるのです。

ここで、価格レートの高い業者でショート、逆に安い業者でロングして、価格の差が縮まったところで利食えば利益が出る、というやり方です。

ただしこのやり方はデメリットも多く、チャンスが年に数えるほどあるかないかレベルである上に、価格差が出ているときは、どの業者もスプレッドが大きく開いているために旨味は決して多くは無いです。

他にもあるかも知れませんが、個人的には正攻法でトレードしていく方が利益は出しやすいと思います。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA