また弟子をとるの?

昨日、元弟子のT君から
「どうしても合ってほしい人がいます」
と言われて、彼からとある男性を紹介されました。

その男性はT君の会社の後輩。
ここではS君としておきます。

S君は昨年12月にビットコイン取引を始めた所謂「出川組」という人たちの中の一人で、1月の暴落に飲み込まれて200万円ほどの損失を出してしまったそうです。

友人から勧められてビットコイン取引を始め、「このまま上げ続けるはず」と思って貯金をはたいてビットコインを買ったのに、すぐさま暴落したため70万円くらいのレートで決済。

それから落ち込んでいるところをT君が気づき、相談に乗っていたそうです。
そこでT君がFXをやっていることを知り、S君が「ぜひ自分もやってみたい!」と言い出したので私を紹介した・・・そうです。

「超がつくほど面倒くさい話を持ってきたな、Tの野郎」
と思いましたが、一応話だけは聞いておきました。

そんなS君の希望は「Tさんと一緒にトレードを教えてほしい」というもの

しかし私としては、トレードについて誤解の多い超初心者にトレードを教えるのはあまり好きではなく、どうせ途中で飽きてやめていく可能性が高いだろうと考えて丁重にお断りしました。

「そんなに学びたいのならまずはT君に習ってみたら?」と言って・・・。

こんな感じで、私の弟子だったT君が会社の後輩のS君にトレードの基本を教えることになりました。

しかし話の流れで、ある程度分かるようになってきたら、私も弟子を取るかどうか考えるということになってしまいました。

S君がどれだけ本気なのかも分かりませんが、私がトレードを教える日は来るのでしょうか。
彼はバリバリのゆとり世代なので、T君の教えでどうなるのか少し楽しみでもあります。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA