「何か知っているはずだけど、教えてくれないケチな人」でありたい

こんにちは、ヤマブキです。

日曜日は久しぶりに元弟子のT君と会いました。
年明けからは相場が動き出してトレードしやすい状況が続いたためか、かなり好調だったようです。

私が彼にトレードを教え始めてからもう2年半になります。
本人が熱心にFXに取り組んでいることもあって、発言がしっかりとしたトレーダーになっています。腐らずに真面目に続ければ、ゆっくりではあっても徐々に前に進めるものだと実感しました。

昨日の中で盛り上がったのが、「最近、よく相場について質問を受ける」という話です。
T君曰く、「会社の人や友達から仮想通貨や株やFXについて良く聞かれます」とのこと。

実は私も今年に入ってから、知り合いからよく相場についての相談や質問を受けるようになりました。例えば、こんな質問です。

  • ビットコインを買ってもいいですか?
  • 仮想通貨はどれを買えばいいんですか?
  • 中国への投資はもうダメでしょうか?
  • 積み立てNISAはやらないと損なのですか?
  • 日経は今年からバブルに入るよね?
  • 今年は円安に進みますか?
  • 投資をやらないと老後は大変ですよね?
  • トルコリラでスワップを狙いたいんだけど。

昨今のビットコインバブルや、日経平均が上向いていることもあって(本日は暴落していますが)、世間の投資熱が上がっていることを私も感じています。

しかし、私の守備範囲外の質問が多くて、ほとんどに対して「分からない」と答えるばかりです。それでも質問する側は「専業トレーダーなのに何で知らないの?」と怪訝そうな表情をします。

私が現在取引しているのはFX、ETF、iDeCoの3つだけです。
株は昔やっていましたが今はやっていませんし、FXについても「今後どうなるか?」には「さっぱり分からない」と答えます。

しかしそう答えると「何か隠しているんだなぁ・・・」と思われるようです(笑)

このようなやりとりが続くと、改めて「世間の相場やトレードに対する考えには誤解が多い」と感じます。

相場で利益を出せている=先が読めているわけでは無い」というのは、このブログを読まれている方なら当然のように理解されているでしょう。しかし、相場について知らない人は、「正確に当てられるないと勝てない」と思っているようです。

そのような考えを改めてもうらため、相場に対して正しい知識を付けてもらうために
「トレードは正確に当てれないからこそリスク管理と資金管理が大切で、何か取引する場合は自分のやり方とそれに伴うリスクを見極めて・・・」

と解説するのは面倒なので、「何か知っているはずだけど、教えてくれないケチな人」でいることにしています。変なことを口走って損失を出して文句言われたらたまりませんので。

トレーダーであることを公言している方なら、最近はよく色々な市場について質問されるのではないでしょうか?

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA