1月24日の取引結果&FXでデータ取りは必要?

こんにちは、ヤマブキです。

ドル安が続いています。
ドル円久々に108円台と昨年の9月以来の水準。

昨年は大体108円~115円のレンジでしたので、今年はどちらかに大幅なブレイクとなると、クロス円も活気が出て面白い相場になることでしょう。

取引結果

ポン円
-4.9pips、5.6pips、10.1pips

ポンドル
-3.8pips、16.2pips

ポン円のチャートを掲載します。

勝手に回答コーナー

FXで勝つためにはデータ取りは必要だとおもいますか? 技術の高い人も毎回取引データを記録しているのでしょうか?

それとも手法さえ学べば記録する必要は無いのでしょうか?

ブログ記事などにすることで、自分が行ないたい行動が見えるようになると思うのですが、手間がすごくかかるので質問させていただきましたm(_ _)m

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13136243423?__ysp=Rlgg5oqA6KGT

結論から言うと、トレードノートを作ることが面倒がっていては、勝てるようになるのは難しいでしょう。

トレードノートとは取引データーに加えて、その日の相場の状況、自分自身の感情、エントリー&エグジットについての理由等をまとめたものです。

確かに大変ですが、自分自身のデータを取ることで分かってくることがあります。
それは、自分の精神的な傾向やトレードの癖などです。

どれくらい追い込まれたらルールを破ってしまうのか?
何連勝したらトレードが雑になるのか?
どれくらいエントリーチャンスが無かったら無理なエントリーをしてしまうのか?

など、それまで自分がなんとなくやっていた行動が、明確に見えるようになります。
これらの情報は、過去のチャートを動かして検証しているだけでは絶対に得られない非常に貴重な情報です。勝つためのヒントが満載です。

そして、自分には何が足らないか、何をすれば良いのかを自分で判断して、目標に取り組んでいく。トレードは相場と自分自身を知りながら研究していく一種の学問なのです。

手法さえ学べば記録する必要が無いなんて甘い考えは捨てましょう。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。