12月12日の取引結果&ジム・ロジャーズのもし私が10歳の日本人なら…

こんにちは、ヤマブキです。

今週は12月の重要指標が詰まっているせいか、
どうも警戒した動になっています。

指標次第では一気に動くかもしれませんが、逆に全く動かない可能性もあります。
この辺りが流動性の低い12月の予測しにくい点ですね。

ポン円
-3.9pips、-6.5pips

ポンドル
-4.6pips、11.6pips

昨日はユロ円の動きが全くダメでしたので、代わりにポンドルで取引しましたが、ポンド自体も難しい動きでした。

ポンドルのチャートを掲載します。

ジム・ロジャーズの言葉

ちょっと驚いた記事がありますのでご紹介します。

「もし私がいま10歳の日本人ならば……。

そう、私は自分自身にAK-47を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。

なぜなら、いま10歳の日本人である彼、彼女たちは、これからの人生で大惨事に見舞われるだろうからだ」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53747

記事のリンクを見てもらえばわかりますが、この発言をしたのはジム・ロジャーズ。
ポンド危機で有名なクォンタムファンドのジョージ・ソロスの元相棒です。

AK-47とは銃ですから、彼は今の日本について「自分が子どもだったら自殺してもいい」と思えるくらい悲惨な状況だと思っているようです。

詳しくは記事を読んでもらえばわかると思いますが、彼の指摘するように、現在の日本の株価は日銀のドーピングによる薬漬けのおかげで何とか高値をキープできている状態。

少子高齢化に目を向ければ、将来は確実に人口減少が見込まれます。
日本強みである製造業も昨今ではデータ偽造が発覚し信頼が落ちていますし、家電・PC業界は中国や韓国に追い越されています。

ジムの言うこともかなり的確だと思います。
改めて外国人から指摘されると、日本の将来に対してネガティブにならざるを得ません。

自分はまだいいのですが、自分の子供がどうなるのか心配です。
トレードでも教えてみましょうか・・・。

 

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサードリンク







ヤマブキの手法はこちら

私の手法を解説した教材「Pullback FX」販売中です。