Pullback FX のご紹介

販売は終了しました

こんにちは、ヤマブキです。
私のスキャルピング手法をまとめた教材であるPullback FXのご紹介をさせていただきます。

販売先のリンク及び販売先のパスワードは一番下にあります。
(特に販売方法については熟読をお願いします)

Pullback FXとは?

Pullback」とは、「後退」と一般的には訳されますが、
投資用語としては「押し・戻り」という意味で使われます。

 

「押し・戻り」とは、市場のトレンドの途中に出来る一時的な反転の事で、
このポイントを狙って仕掛けていくことを「押し目買い・戻り売り」と呼びます。

私は株式取引からFXへ進み、その間で様々なテクニカル手法を学んできましたが、
「一番合理的である」という結論に至ったのが「押し目買い・戻り売り」でした。

その理由は以下の通りです。

  • 既にトレンドの方向が分かっていて、その方向に仕掛けるのは「後出しジャンケン」だ。
  • わけのわからないレンジ相場でトレードすることが無いから、無駄なトレードが減る。
  • 市場参加者の多くも押しと戻りを待っているはずだから、勝率も高いはずだ。

 

こう考えて押し目買いと戻り売りに特化した手法の開発を始めました。

しかし、そう簡単には行きません。

  • トレンドとレンジの定義は一体何なんだろうか?
  • どこまで押してきたらいいのだろうか?
  • エントリーとなるトリガーはどうしたいいのだろうか?

などなど、一から手法を組み立てるとなると、様々な「前提」が必要になります。
まずはその一つ一つについて徹底的に検証し、手法の「土台」となる部分が
明確に再現性が高いものとなるようにとつめました。

なぜなら、手法のコアとなる部分が曖昧でグラグラしていたら、
手法にすらなり得ないからです。

「これがダメならあれはどうだろうか・・・・」
と理想とする結果につながらず挫折と苦しみを繰り返す日々。

そんな中でも、検証によって得られた情報とアイディアを組み立てることで
私にとって理想的な手法が完成しました。それこそがPullback FXです。

気づいた時には手法の開発を始めて、4年以上の月日が経過していました。

4年というのは長い年月でしたが、この手法で私は安定して勝てるようになり、
以後7年間専業トレーダーとして生活してこれているので、
今では「人生の中で最も貴重な時間だった」と考えています。

 

Pullback FXで解説する手法について

Pullback FXは、5分足の押し戻りを1分足コツコツと取っていくスキャルピング手法です。
基本は5分足と1分足のみを使用しますが、
利益を伸ばす時に1時間足を見ることもあります。

1分足を使ったトレードは素早く反応できなくてはいけないという考えから、
エントリーとエグジットはできるだけ客観性の高いルールにしています。

具体的には、1分足のこのようなところを狙っていきます。

トレードの再現性や一貫性を高めるために、
チャートにインジケーターを表示させますが、マニアックなものは使用しません。

どの業者のチャートでも表示させることが出来ますし、
教材ではMT4用のテンプレートもお付けしています。

 

Pullback FXの中身について

教材には4つのPDFファイルがあります。

  • Pullback FX 本編
  • ケーススタディ用のPDF
  • ブログdeケーススタディをまとめたPDF
  • Pullback FX 応用編

ここではそれぞれについて解説させていただきます。

 

◆Pullback FX 本編(93ページ)


(内容の一部です)

本編PDF内では、手法・ルール・考え方等について多くのチャートを使って
出来る限り理解しやすく解説しました。

具体的に一部をご紹介します。

 

Pullback FXで使用するインジケーターとは?

Pullback FXでは特別なインジケーターは使用しません。
別に特別開発でもマニアックなものでなくても、
その特性を理解して上手に使用すれば勝てるのです。
教材内ではインジケーターのセット方法から使い方までを詳しく解説しています。

 

Pullback FXにおける5分足の役割、トレンドの判断方法とは?

Pullback FXは5分足でトレンドを判別し、その押し目や戻りを1分足で仕掛ける手法です。
5分足でどんな状態になるとトレンドと定義するのか?
また何処まで押して来たらエントリーの準備をするのか等を詳しく解説します。

 

5分足のトレンドに見合った1分足のチャートの考え方とは?

5分足と1分足は、同じ価格の動きを示しているにも関わらず、
一見すると違った流れになっているように見えることがあります。

これによって頭が混乱すると、マルチタイムフレームという概念を上手に活かすことが出来ず、
結果として損失が拡大してしまいます。
Pullback FXではこういった混乱が起こらないようにするために、
チャートを分析していく手順から解説しています。

 

5分足の押し目・戻りをピンポイントで狙うためのエントリー方法とは?

トレンド中の5分足の押し目・戻りをピンポイントで狙うのが本手法の目的です。
一体どうやってそれを見つけるのか?もし間違っていた場合はどこで損切るのか?
手法について様々なチャートを用いて解説しています。

 

条件が揃った時に利益を最大にする方法とは?

トレンドに勢いがある時には利食いを遅らせて利益を伸ばします。
ではどんな時が勢いがあると判断するのか?色々と条件がありますが、
これらについても解説しています。

 

手法の理解をさらに深め、応用力まで養成できるケーススタディ

手法を知っただけでは意味がありません。
しっかりと頭の中に入れて理解し、使いこなせるようになる必要があります。
ケーススタディ集では、教材で学んだことを再確認できるようなチャートを厳選し、
考えながら読み進められるように編集しています。

 

どうやってヤマブキはこの手法にたどり着いたのか?

Pullback FXで使うインジケーターやそのパラメーター、考え方には全て理由があります。
ヤマブキがどういった過程でこの手法にたどり着いたのか?
試行錯誤から出来た手法の制作秘話について語らせていただいています。
手法に対する理解が深まるはずです。

 

◆ケーススタディ用PDF(60ページ)


(画像はPDFの一部です。)

ケーススタディ用のPDFでは、本編PDFのケーススタディ集と同じく、
読みながら考えていく形式で編集し、更に一歩踏み込んだ発展的な内容も解説しています。

都合の良い勝ちトレードになるチャートばかりを解説するのではなく、
正しい負け方も学んでほしいという考えから、豊富な勝ちトレード、
負けトレードのチャートを掲載しています。

何度も読み返していただくことで、しっかりと手法やエントリーのチャートが
イメージできるようになると考えております。

 

ブログdeケーススタディをまとめたPDF(109ページ)


(画像はPDFの一部です。)

「ブログdeケーススタディ」とは、当ブログにてPullback FX購入者向けのみに連載しているトレード解説記事です。
ここでは、メインPDFやケーススタディ集では書ききれなかったテクニックや考え方までを解説しております。

このブログdeケーススタディの40回目までをPDF化しました。
更なる実力の向上に役立てることが可能です。

 

Pullback FX 応用編(39ページ)


(画像はPDFの一部です。)

応用編では2017年1月に発表した新手法を解説しています。
新手法では本編で解説した手法よりも早い段階での押し目や戻りを狙います。

しっかりと本編の手法を理解した方を対象に書いていますが、
トレードスキルの向上のために是非読んでいただきたい内容となっています。

 

 

以上のPDFを合わせると、300ページ超のボリュームになります。
(ケーススタディ用PDFはチャート画像を多く、そして大きく表示していますのでページ数が多くなっております。)

これらを読むことで、4年以上の歳月をかけて研究を重ねてきた私の手法について
深くご理解いただけるものだと考えております。

しかしながら、出来る限りわかりやすさに努めて作成したものの、
読むだけで勝てるようなモノではありません。

なぜなら、トレードで勝ち抜いて行くには、手法のアイディアに加えて、
実戦のための技術とメンタルが欠かせないからです。

手法を得て何となくわかったつもりであっても、
それは単に手法を知っている程度に過ぎません。

勝つトレードの本質は、勝てる手法そのものではなく、
勝てる手法をどれだけ上手に活かしきれるかなのです。

本書より得られるのは「手法(アイディア)」と「技術の学び方」と
「トレードの心構え」程度のものです。

勝つために必要な技術やメンタルは、自分自身の経験のみによって
培われるものだと私は考えています。

無責任に「初心者でも楽に勝てる手法です!」などと言うことはしませんし、
簡単にFXで勝つ術をお探しの方にはおすすめしません。
(このブログを読んでいる方ならそんなことは百も承知でしょうが、一応書いておきます)

真面目に検証出来る方、目標を持ってコツコツと取り組める方、
本気でトレードに取り組んでスキャルピングで生計を立てたい方に
ぜひ手に取って欲しい教材です。

 

販売方法について(超重要!!!)

販売先は「fx-on」というサイトになりますが、入手経路が少し異なります。
以下をしっかりと読まれた上で購入をお願いします。

購入手順

1.fx-onで教材を購入されますと、PDFがダウンロードできるようになり、加えてシリアルキーがメールにて送られてきます。
(Pullback FX本体ではありません)

 

2.送られてきたシリアルキーを、PDFに記載されている手順通りにサイトにアクセスしていただくと、教材がダウンロード出来るようになります。

(よく分からない方は、PDF内に記載してある私のメールアドレスにメールして頂けましたら、私の方から直接商品を送らせていただきます。)

 

少々回りくどくて申し訳ありません。
何故このような風にするかと言いますと、全ては流出防止対策です。
99%の方が真面目に勉強しようと思って購入される中、
著作権を無視して流出・転売する輩もおります。

そうなりますと、私や既に購入された方への不利益とつながります。
そのため、ユーザー個々に違ったシリアルキーを送付し、
キーと紐付けられたファイルをダウンロードしていただく形とさせていただいています。

具体的には、教材の趣意が変わらない事を大前提に、
文章の表現方法等を微妙に変えながらキー別に教材を1部1部作成しています。
ユーザーによって全く同じPDFはダウンロード出来ないようにしています。

もしPDFが流出した場合は誰が流出源なのか明確になるようにしておりますので、
取扱いにはご注意ください。

 

価格について

販売価格は27,800円とさせていただきます。
これからのコンテンツの充実具合では値上げも考えております。

 

サポートについて

サポートにつきましては、教材の中身についての質問をメールにて承ります。
(メールアドレスはPDF内に記載しております)

加えて、このブログの「限定公開機能」を利用して購入者の方だけが見ることのできる
トレード解説記事「ブログdeケーススタディ」を定期的に連載しております。
(閲覧のためのパスワードは教材内のテキストファイル内に記載しております。)

以上を踏まえてご購入をお願いします。

 

※パスワードは「pullback」です。

Pullback FXについてもっと知りたい方、購入を迷っている方は
以下のメルマガにご登録されますと、更なる詳細情報をお送りします。
(メルマガは5回送信されます。その後にご連絡することは一切ありません)

メールアドレス

教材に関する質問集

1.サイン型のツールですか?

いいえ、チャート上にサインは出ません。
テクニカルを利用して条件が揃ったらトレードする手法ですが、エントリーポイントは明確です。

 

2.利益確定や損切りについても書いてありますか?また、それらは明確ですか?

はい、エントリーとエグジットがあって「手法」になりますから、
利確・損切りについてもしっかりと書いています。

エグジットにつきましてもルールは明確です。
しかし、例外的に更に利益を伸ばしたり、早く損切ることもあります。

 

3.エントリーポイントが明確で、エグジットも明確なら誰がやっても同じ結果になりますか?

残念ながらそうはならないでしょう。
モニターの方たちの成績からもそう言えます。

Pullbakc FXの基本ルールはシンプルですので、すぐに覚えられます。
しかしながら、エントリーを見送る、利益を伸ばす、
早めに損切る等のテクニックも身に着ける必要がありますので、
個人差が大きく出てくることでしょう。

これらのテクニックにつきましては、ケーススタディ集や本ブログの購入者限定記事で解説しています。

 

4.スキャルピングだけにしか使えませんか?

本書では5分足と1分足のチャートを使って手法を解説していますが、
それ以外の時間軸の組合せでも大丈夫です。

時間の軸の組み合わせ方、パラメーターの変更方法についても教材内で
書いておりますので、参考にしてください。

 

5.手法はいくつ解説してありますか?

手法はPullback FX本編で1つ、応用編で1つ、合わせて2つ解説しています。
どちらとも同じチャートを使用しますので、併用してトレードすることが可能です。

 

6.ラインは引きますか?

ラインは主観性の高い分析方法ですので、当手法では利用しません。
しかし、ラインを上手に使いこなせる方はお好みでご利用いただければと思います。

 

Pullback FX購入者の声

購入者の方から今までに頂いたコメントを掲載します。

トレードチャンスが多くてポジション保有期間が短いのが気に入っています。

スキャルピングなので向き不向きもあると思いますが、
ハマる人にはハマる手法ではないでしょうか。

私は一生使っていきたいと思います。

今までずっとブレイクを狙い続けていました。
大きく取れる時は大きく取れるのですが、
勝率が低くてモチベーションに響いていました。

Pullback FXはブレイクを狙わず押し目と戻りを狙って
コツコツ利益を積み上げる形なので、
以前のように連敗が続くことなく楽にトレードできています。

トレードルールはシンプルです。
でもその奥にある本質をつかむための学習や検証は必要だと思います。

エントリーポイントは明確で、それを裁量判断で入るか入らないかを
決めるタイプの手法なのでポジポジ病の人には使いやすいと思います。


最初は手法の意図を理解していなくて負けてばかりでした。
でも何度もマニュアルを読み返して、過去のトレード記事のトレードポイントを
FT2で全部なぞっていったら、コツが掴めてきました。購入して1年以上過ぎましたが、今は月に200pips以上はコンスタントに勝ってます。

 

※パスワードは「pullback」です。

Pullback FXについてもっと知りたい方、購入を迷っている方は
以下のメルマガにご登録されますと、更なる詳細情報をお送りします。
(メルマガは5回送信されます。その後にご連絡することは一切ありません)

メールアドレス